本文へ移動

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは文字通り睡眠中に呼吸が止まり、それによって日常生活に様々な障害を引き起こす疾患です。
 
こんな症状はありませんか?
・いびきをかく
・熟睡感がない
・日中の眠気・集中力の低下
・頭が重い・体がだるい
・夜間に何度もトイレにいく

原因としくみ

睡眠時無呼吸症候群は多くの場合、空気の通り道である気道が部分的あるいは完全に閉鎖してしまうことにより起こります。
肥満体の人、首が太くて短い人、顎が小さい人などもともと気道が狭い人に多く、睡眠中は咽頭の筋肉や舌が縮みさらに気道が狭くなるため、いびきや無呼吸が発生します。

SASのもたらす合併症

検査・治療の流れ

治療

①生活習慣の改善
 
肥満などが原因で気道が狭くなっている方は減量にて改善される可能性があります。しかし日本人に多いとされている顎の狭い骨格の方の場合などは減量での改善に期待するのは難しくなります。アルコールを控える、横になって寝るなどの予防策もありますが、生活習慣の改善のみでSASを治すのは難しいことが多いのが現状です。
 
②持続陽圧換気療法(CPAP療法)
上記検査で無呼吸の程度が強いと判断されたら、下の図のように夜間にマスクをつけていただいて、圧をかけて持続的に空気を気道に送ることによって無呼吸の状態を改善させる治療を主に用います。このマスクから持続的に圧がかかり、気道を広げる仕組みです。慣れるまで少し時間がかかる方もおられますが、いびきや昼間の眠気から解放される方も多いです。また、高血圧や糖尿病と同様で放置すると、前述のように色々な病気を併発します。
③その他の治療法
 
※口腔内装置(マウスピース)による治療
口腔内装置とは下あごを前方に固定して空気の通り道を開くようにするものです。
 
※手術による治療
気道閉塞の原因が扁桃肥大やアデノイド肥大の場合は手術によって取り除くことがあります。

治療による恩恵

このように睡眠時無呼吸症候群の治療によって生活の質の向上、他の疾患の改善、さらには生命予後まで改善させうる効果があります。心当たりのある方は是非一度相談ください。
TOPへ戻る