新病院建設進捗

院長のご挨拶

医療法人 愛泉会 愛泉会病院 理事長 尾野敏彦
愛泉会病院は昭和49年3月より守口市藤田町に開院し、地域に根付いた病院として早42年の月日が経ちました。
その間、増改築も繰り返し行ってまいりましたが、建物の老朽化や耐震性への不安もあり、また院内も手狭になってきたため、この度更なる医療の質とサー ビスの向上を図るため、平成27年5月より新病院移転プロジェクトを立ち上げ、現在平成29年5月の開院を目指しております。
新病院移転先は守口市八雲中町となりますが、新たな地域医療の根幹として、『人として』『医療人として』心に響く最善の医療の実践を職員一同目指してまいります。

建設の様子

写真は平成29年2月21日現在で1F床工事中です。
※工事進捗表[PDF]
(※予定となりますので変更となる場合もございます)

 
建設は、2016年1月からの準備期間を経て3月より杭工事、外構工事、基礎工事を開始いたしました。
6月から病院本体の建設に取り掛かっております。8月から外装、内装工事を並行で行っております。
場所は京阪電鉄守口駅より徒歩14分、または地下鉄谷町線守口市駅より徒歩10分と2WAY可能の好立地です。
写真は2月21日の様子で、足場解体まで進んでまいりました。

新病院:フロアマップ 1階イメージ図