本文へ移動

栄養科

栄養科

入院患者様の一日も早い健康の回復を常に考え、
医師の指示のもと各患者様に適したお食事を提供しております。
直営の厨房で調理しており、美味しいと喜んでもらえるように
天然の鰹と昆布で出汁をとり調理しております。

当院には摂食、嚥下訓練を目的に入院している患者様も多数おられ、言語聴覚士や看護師とも連携し、各段階に応じた形態で提供しており、年13回の行事食も実施しています。
入院患者様の食事以外にデイケア利用者様の食事・院内保育所の食事も提供しています。

その他に入院及び外来患者の栄養指導、
外来での糖尿病透析予防指導(月10件)
生活習慣病教室の開催(年10回)
そしてNST稼働に向けて準備を行っています。

食事時間及び種類

食事時間  朝食:  8:00~      一般食:常食・軟菜(全粥・7分粥・5分粥・3分粥)・流動食
      昼食:12:00~          高血圧食 経腸栄養
      夕食:18:00~      特別食:糖尿食・肝臓食・腎臓食・心臓食・膵臓食・脂質異常食
                        胃潰瘍食・貧血食・検査食・その他

9月の栄養だより

9月23日の栄養だより

9月19日 敬老の日行事食を提供しました


敬老の日とは

 毎年9月の第三月曜日にやってくる、国民の祝日です。そのルーツは意外に浅く、1947年(昭和22年)9月15日に、兵庫県多可郡野間谷村が敬老会を催した『としよりの日』が始まりとされています。その後、この風習は全国に広がりを見せ、1964年(昭和39年)に『敬老の日』と名称を改めて正式に国民の祝日として制定されました。


何歳からお祝いすべき?

長寿を祝う敬老の日ですが、厳密に何歳からお祝いするというルールはありません。年齢で考えるのではなく、自分と相手の間柄を考え、孫から祖父・祖母へ感謝の気持ちを伝えることが、一番大切です。

9月10日の栄養だより

9月10日は、十五夜でした。皆さんはご存じですか?十五夜の由来と風習について


 「十五夜」とは、一般的にかつて日本で使われていた旧暦(太陽暦)で、8月15日の夜を指します。


    旧暦を現行の新暦に当てはめると、」十五夜は9月中旬~10月上旬にかけての時期です。7~9月が秋とされていた旧暦では、8月15日が真ん中の日に当たり、この日に見える月は「中秋の名月」とも呼ばれています。

   空気の澄んだ秋の空に、ひときわ美しい満月が見られることから、時代の流れとともに旧暦の8月15日だけを、十五夜と呼ぶようになったとされています。

    

 満月とは限らない   

 旧暦は、新月から月が満ちてまた、新月に戻るまでを1ケ月としています。1周回るのにかかる日数は29.5日と一定ですが必ずしも満月満月とは限らないということは、覚えておいてください。


  伝来は平安時代に中国から

  平安時代に、中国の行事「中秋節」が日本に伝わり、貴族の間で楽しまれるようになりました。


 庶民にも親しまれる風習に

 庶民行事として一般的になったのは、江戸時代と言われています。月の美しさを単純に眺めるのではなく、秋の収穫を喜ぶとともに、翌年の豊穣を月に願う「豊作祈願」の意味も強かったとされています。

インタビューの紹介

TOPへ戻る