本文へ移動

リハビリテーション科

リハビリテーション科の紹介

理念

患者様や家族様のQOL向上を第一に考えたアプローチを実践していきます

基本方針

・患者様の活動性向上を目標とした治療を展開する
・病態や治療内容などの説明を行う
・知識、技術の向上など自己研鑽に努める
・地域に根差した活動を通じて社会貢献を行う

施設基準

・脳血管疾患リハビリテーションⅡ
・運動器疾患リハビリテーションⅠ
・呼吸器疾患リハビリテーションⅠ
・がん患者リハビリテーション
・廃用症候群リハビリテーション

退院後のリハビリについて

外来リハビリ、通所リハビリ、訪問リハビリを利用して退院後長期的な対応をしております。

リハビリ室

維持期リハビリテーションとは

 維持期のリハビリは、生活することそれ自体がリハビリであるとの考え方です。その考えのもと、当院では患者様の安心した医療と充実したリハビリを専門のスタッフがサポートします。
回復期のリハビリテーションが終わると、自宅での生活、つまり維持期のリハビリテーションを行っていきます。また、自宅での生活が難しい場合は、別の施設へ移ってリハビリテーションを行います。維持期のリハビリは、生活すること自体がリハビリとなります。自宅での生活には、歩くだけでなく、食事や歯磨きなどによる道具を使うことや、ドアを開ける、階段を上る、段差を上がる、トイレ、入力、着替え、など、さまざまなことがあります。日常生活では、御家族の方の協力も大切ですが、なるべく患者さんが自分自身でできることは行っていけるよう、専門のスタッフチームが外来や在宅(訪問、通所)リハに対応しています。 

理学療法

医師の指示のもと病気や怪我などが原因となって起きる障害や先天的な病気などにより起きる障害などに対し、筋力強化や関節の動きを改善するための訓練、また転倒予防のためのバランス訓練など、運動療法や物理療法(電気、温・冷、マイクロ、超音波、牽引など)を利用して動作能力の向上や痛みを和らげるなどを行っていきます。寝返る、起きる、座る、立つ、歩くなどの基本動作訓練を行い、日常生活動作の向上に努めています。自宅での生活に困らないよう、福祉用具の選定、家屋・環境調査や家屋改修の助言・指導、ご家族様への介護指導も実施しています。

作業療法

医師の指示のもと食事、トイレ、更衣、整容、入浴動作などの動作獲得を目的に日常生活動作訓練を実施しています。また、炊事、洗濯、掃除、買い物など状況に応じて、より環境に近い形での訓練を取り入れております。患者様一人一人に応じて、自助具、福祉用具の提案、家屋環境の評価・改修の提案を行います。
また、脳血管疾患の高次脳機能障害(生活に必要な時間・物の扱い方、周囲の状況認識、物事の記憶や計算、動作の順序など)への指導・訓練を実施しています。長期入院や障害により、失われやすい精神活動や生活に対する不安や自信の再獲得などへも働きかけを行っています。 

言語聴覚療法

摂食・嚥下機能(噛む、飲み込むなど)の障害や、脳卒中や事故による頭部外傷によって起こる言葉の障害(失語症、運動障害性構音障害など)が認められる方々に対してリハビリテーションをこなっています。摂食・嚥下障害とは、食べ物や飲み物を口に入れて、食道や胃に送り込めない、飲み込みがうまく行かなくなることです。食物や異物が気管に入ると、肺炎・低栄養・脱水などを引き起こし、命の危険に繋がります。言語聴覚療法では、摂食に関わる全ての問題に対し、治療、訓練を行い、安全に食べられるよう進めると共に、介助方法や食物形態などのアドバイスもしております。
失語症の患者様は、『言葉を聞いて理解すること』『話すこと』『書くこと』に支障をきたします。言語聴覚療法は、円滑にコミュニケーションを取れるよう言語機能の回復を目指し訓練を行っています。また、ご家族様へはコミュニケーションの取り方のアドバイスもお伝えしております。 
TOPへ戻る